■コロナショックの時代に必要な人材とは

新型コロナ感染が再拡大し、世界経済、日本経済は死に瀕しています。新型コロナウイルスによって、東証一部 上場企業も大幅減益の発表が本格化しています。
2020年4-6月で決算発表をした127社の集計では、前年比98%の大幅減益および、前年同比で26%の売上減となっており、(※1)あらゆる産業、企業が壊滅的なダメージを受けています。
(※1 SMBC証券の集計より 2020/7/30日現在)

このような危機的状況では、自社の育成だけでなく外部からの採用が必ず必要になります。逆境の時代だからこそ、優秀な幹部社員としてMBAホルダーを採用すべきです。

 

■こんな状況でMBAホルダーが本当に役に立つのか

MBAホルダーなんて使い物にならない、と言う経営者の方々も多いです。
成長企業の経営者に MBAホルダー採用のメリットと注意すべき点 をお教えします。またMBAを取得中の方には、成長企業への転職のメリットをお伝えします。

 

■本ウェビナーで学べること

 

<経営者向け>
1)MBAホルダーを採用するメリット
2)自社にあったMBAホルダーの選び方
3)失敗するMBAホルダー採用


<MBAホルダー向け>
1)成長企業で求められる能力と成果
2)MBAホルダーが活躍できる成長企業

経営者とMBAホルダー向けのセミナーになっています。

限定50名ですのでお早めにお申込ください。

 


 

日時詳細

本セミナーは、経済界倶楽部とレッドフォックス株式会社の共催となります。

費用  無料

日時  9月3日(木)11:00〜12:00

定員  50名 (※お申込多数の場合は抽選となります)

ご用意いただくもの
本セミナーはオンラインセミナーです。
開催時刻までにインターネット環境のご用意をお願いいたします。

 

弊社では他にもセミナーを開催しております。
今回ご都合の合わなかった方、他テーマも気になる方はこちらをご覧ください。

 


 

講師プロフィール

bessyo_icon別所 宏恭(ベッショ ヒロユキ)
レッドフォックス株式会社 代表取締役

中学生の頃「社長になる」と決意。横浜国立大学在学中にレッドフォックスを設立。金融系や大企業向けの業務システム受託開発の実績を積む。2012年に自社ソリューション「cyzen」の本格展開を開始し、SaaS事業への転換に成功。